ビジネスマナーの基本 清潔感のある身だしなみ

社会にでると人に会うのは当たり前です。

会う相手に対して自分を
どう見せるかは大切なことになります。

清潔感のある服装ですか?
あなたの印象を決めるのは見た目です。

服のシワ、爪の長さ、歯の汚れ、
髪の毛、靴の汚れなどなど
あげたらきりがありませんが、
身だしなみに気を遣うことは
大切なマナーです。

たまに、外見より
『人間は中身が大切だ』
『仕事がちゃんとできてることが大切』
という人もいます。

そのようなことを言いたい気持ちは
わかりますが、実際は多くの人が
人を判断するときには見た目で判断します。

 

人は見た目で人を判断する

人を見た目で判断するのは
仕方がないことだと思います。

昔からあっている家族や親友であれば
今までの付き合いがあるので
あんなダサい恰好をしているけど
あいつはすごい奴なんだと思うかもしれません。

これが、仕事だけの付き合いや
初対面の相手だったらどうでしょうか?

仕事であった初対面の人から
今まで成功してきた仕事について
説明されるとします。

その人の恰好はよれよれのワイシャツ
ネクタイが曲がり、頭の後ろには寝癖が、
手を見てみると爪が伸びており
清潔感は一切ありません。

こんな見た目の人が言う今までの仕事の
成功した仕事の話を聞いてそれが本当の
ことだと信じれるでしょうか。

そんな相手を信じるのはなかなか
難しいことではないでしょうか。

 

 

そんな相手に貴方が抱くイメージは

身だしなみと同じように仕事も適当なのでは?
見た目に手を抜くということは仕事にも手お抜きそう。

といったことを思うのではないでしょうか。

見た目をきちんとできない人は
仕事もできないと思われても仕方がありません。

人の内面は、外見に自然と現れてきます。

そのため、相手を判断するときに
外見はもっとも相手を
わかりやすい手がかりになります。

なので、身だしなみは
注意を払う必要があります。
だらしない恰好をしていれば
その見た目が見た人は
どんなに優秀な人でも
仕事を任せたいとは思わないでしょう。

内面は外見に影響して
外見は内面に影響します。

社会人としてだけではなく
自分のためにも
身だしなみや外見を注意を持ってください。

 

 

外見で大切なのは清潔感

社会人になってお金に余裕ができると
おしゃれにも気をつかうようになります。

それはわるいことではありませんが、
ブランドもの靴やスーツを着ても
頭には寝癖があり、靴は汚れている
そんな姿では貴方を見た人は
だらしがないという印象しかいだかないでしょう。
靴やスーツなど服装にお金を
掛けることは悪いことではありませんが
ビジネスにおいてそれよりも
常に自分自身に注意を払うべきです。

爪は伸びていないか
髪の毛は整っているか
スーツにシワはないか
という身だしなみに気を使うことで
清潔感のある状態を維持することが
ビジネスマナーになります。

 

 

自分の身だしなみをチェックする

身だしなみは仕事に
行く前にチェックする
習慣をつけてみてください。

仕事にいく前にスーツやネクタイ
髪の毛や靴の汚れなどをチェック

仕事の間でも汚れや服にしわが
つかないようにいつも注意が必要です。

他にも、髪の毛などにも気を使ってください。
女性なら髪の毛はまとめていたほうがいいでしょう。
男性も髭はきれいに切っておきましょう。

おしゃれで髪の毛をまとめたくない
髭を伸ばしているという人もいると
思います

悲しいかな、
今の日本の会社のほとんどは
個人のおしゃれよりも会社の規律を重視します。

 

取引先など人と会うときは

人と会うときはもう一度、恰好をチェックして見ましょう。

爪や歯、髪の毛が跳ねていないか?
服にシワは、靴は汚れていないかなど
を注意してみてください。

相手に書類を渡すときに
爪の先が汚れていたり
あなたがしゃべるたびに
歯の隙間の食べカスが
見えているようではいけません。

口臭も注意しなければいけません。
あなたが喋るたびに異臭をさせていたは
相手に常に不快な思いをさせてしまいます。

 

 

⇒ マナーの記事一覧に戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です