車や電車に乗るときの席の座る場所のマナー

上司と車に乗るときの席の座る場所のマナー

ビジネスの世界には
どんなときでも席次が決まっています。

もちろん乗り物に乗るときも
どの席に座るかの決まりがあります。

社会人になってからは
研修などで簡単に触れる程度しか
学ぶ機会がありませんが、
知らないと貴方が恥をかくだけではなく
一緒にいる上司にも恥じを欠かすことになりますので、
基本的なビジネスマナーとして覚えておきましょう。

乗り物を乗るときの席次のマナー

まず、
絶対に知っておかなければならないこと
それは座席の「上座」と「下座」があるということです。

基本的ななことですが、
これを理解せずにはこの話は進めません。

上座とは最上位の席と理解してください。
下座とは下位の者が座る席です。

もし会社で座る場合は
上座に社長が座り、だんだんと役職が
下がっていき下座には新人などが座ります。

もちろん状況によって
変わる場合もありますが、
これが座るときの基本となります。

上座は乗り物なら落ち着いて
座ることができたり景色がよく見てる席になります。

また、席として安全性が高い入り口から
離れた席になります。

下座は逆に末席に位置しますので
出入り口に近い席になります。

このことをしっかり理解しておらず
上座に座った人を見たことがありますが
あとで上司に小言を言われていましたので
貴方もそうならないようにしっかり理解しておきましょう。

 

車での席次

座る場所はビジネスだけではなく
プライベートの集まりや町内会など
色々な場所でも必要になり
知識なのでしっかり応用していきましょ。

仕事の関係で上司とタクシーに
乗ることがあるかも知れません。

 

タクシーでの上座は何処になるでしょうか?

タクシーに乗るときの席次
この場合の席の上座は運転手の後ろの席なります。

次の人は助手席の後部座席になります。

3人目がいるなら
助手席か後部座席の真ん中に座ります。

あまりないですが4人目がいるなら
助手席に座ってください。

なので、
上座は運転手の後ろの座席になり
下座は状況によって変わってくるわけです。

2人なら助手席の後ろの席が下座になり
3人なら助手席か後部座席の真ん中
4人なら助手席になります。

もしこれ状況に他社の人も同乗する場合があります。

状況がこちらが接待しているなら
こういったときは、他社の人を上座から
順番に座っていただきます。

それから、上司から順番に座っていきましょう。

さらにややこしい状況にして
宴会の帰りで順々にタクシーで家に
送っていくような場合では少し変わってきます。

上司より自分の家が先につく場合は
今まで通りでよいですが、
逆に上司の家のほうが先に着く場合は

上司に
「私の家のほうがあとで着きますので」
と伝えて上司が了承したら
席を変わってもよいでしょう。

大切なことは相手への配慮なので
状況に合わせた対応が必要になります。

そして絶対に声をかけることを忘れてはいけません。

そして、さらに配慮するなら女性が一緒に乗る場合は
出来る限り女性を優先するように心がけましょう。

 

自社の車を利用するときの席次

自社の車に乗るときの席次についてです。

タクシーと同じ車なのだからタクシーと
同じ席順でいいじゃないかと思うかもしれませんが、
状況によっては変わってきます。

自社の車に取引先の人を乗せる場合は
上座が助手席になりますので注意しましょう。

そのあとの順番はタクシーと同じように
運転手の後ろの座席から順番になります。

なので5人乗ったときの下座は
後部座席の真ん中の席になります。

 

列車に乗るときの席次の基本

乗り物には全てのおいて席次があります。

ということは列車でも同じように
席の上座と下座があります。

 

4人掛けの列車での席次は

上座は窓側になります。
窓側の進行方向側に向いている場所が
上座となります。

2番目の人は上座の人の対面の席に座ります。
3番目の人は上座の人の横の座ります。
下座の人は2番目の人の横の座ります。

なので上司を窓側に座ってらもらい
下のものを通路側に座らせます。

進行方向側の向きに上座の人が座ることを覚えておいてください。

上側を進行方向として

通 | 下座 | 2番 | 窓
路 | 3番 | 上座 | 側

 

6人掛けの席の場合は

上座と2番目の人の座る席は
変わりませんがそれ以降の席順が
変わってきます。

3番目の人の席は通路側になります。
上座の人と同じ進行方向側になります。

4番目は席は3番目の人と対面になり、
5番目は上座と3番目の間の席になります。
下座は5番目の対面になります。
上側を進行方向として

通 | 4番 | 下座 | 2番 | 窓
路 | 3番 | 5番 | 上座 | 側

となりますます。

 

今回の大切なマナー

  • どんな乗り物でも『上座』『下座』がある。
  • タクシーを他社の人と乗るときは他社の人を上座にしてそれから上司という順番になる。
  • 自社の車とき他社の人が乗る場合は上座は助手席になる。
  • 列車の上座は進行方向が見える窓側になる。

 

⇒ マナーの記事一覧に戻る

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です