ビジネスマナーの基本 使いこなせていない敬語の使い方

誰もが知っているけど使いこなせていない敬語の使い方

ビジネスマナーの講習に行けば
必ずと言っていいほど
行うのが敬語の使い方です。

使い方の基本から
丁寧語、謙譲語、丁寧語
の3つの使い方の練習をします。

よくあるの方式が2人1組になって
一人が上司、もう一人が部下となり
敬語を話すということを行います。

しかし、敬語の使い方を習っても
習う人のほとんどが
2,3日もすれば敬語を意識しなくなり
敬語の正しい使いかたをしなくなります。

ひどい人になると
講習が行われた後は
もう、敬語を使えていません。

もちろん使いこなそうとしている
人もいますが、そういった人も
うまく使えていないことが多いいです。

原因は、尊敬語、謙譲語、丁寧語の
3つの使い分けの判っていないのが原因です。

なので、今一度
どの場面でどんな敬語を
使えばいいのかを改めて確認してみてください。

 

3つの敬語の使い分け

尊敬語

相手の動作や状態を丁寧に言い表しています。
相手を上げる言葉です。

[ 例 ] 「知る」⇒「ご存じです」(尊敬語)
「聞く」⇒「お耳に入る」(尊敬語)

 

謙譲語

自分側の人の動作や状態を
下げることで相手を上げる言葉です。

[ 例 ] 「知る」⇒「ご存じ上げる、存じる」
「聞く」⇒「拝聴する、承る、伺う」

 

丁寧語

物事を丁寧に言い表す言葉です。
言葉の最後に「です」「ます」「ございます。」を文末に加えます。
使い方としては尊敬語や謙譲語と組み合わせて利用します。

 

 

時と場合にとって変わる尊敬語と謙譲語

敬語の使い方は
基本的には上司、社外の人には
尊敬語を使います。

しかし、社外の人と話しているときに
上司のことを話題にするときは
上司には謙譲語を使用します。

言葉にすれば簡単ですが
実際に話しているときに
尊敬語と謙譲語の使い分けが
出来ていない人がいます。

普段は上司に尊敬語で話しているのに
社外の人との話題に出てきたら
尊敬語ではなく謙譲語を使用する。

もちろん、社外の人と話しているときは
自社の人の話をするときは
謙譲語を使用します。

尊敬語と謙譲語の使い方を
ついつい間違えてしまっても
大抵は気付かなかったり
聞き流してくれます。

しかし、あなたが敬語を間違えて
相手に使うことは相手に対して失礼な行為です。

社会人として大切な常識なので
しっかり覚えておいておきましょう。

 

尊敬語を話す場面

  • あなたが上司と話すとき
  • あなたが社外の人と話すとき

 

謙譲語を使う場面

  • あなたが自社の人の話を社外の人とするとき

 

 

尊敬語、謙譲語の使い方

普段使う言葉を尊敬語、謙譲語にして使う場合

尊敬語
お書きになる お・・・になる。
ご帰宅になる ご・・・になる
おつくりなさる お・・・なさる
ご配慮なさる ご・・・なさる
書かれる ・・・れる
作られる ・・・られる
参加させる ・・・される

 

謙譲語
お持ちする お・・・する
ご連絡する ご・・・する
お持ちいたす お・・・いたす
お連絡いたす ご・・・いたす
休んでいただく ・・・ていただく
お返しいただく お・・・いただく
ご返事いただく ご・・・いただく
休ませていただく ・・・せていただく

 

 

普段使う言葉が
尊敬語、謙譲語に置き換える言葉[ 例 ]

言う おっしゃる 申す、申し上げる
いる いらっしゃる、おいでになる おる、おります
行く いらっしゃる、おいでになる 参る、伺う、お伺いする
来る いらっしゃる、見える、お越しになる 参る、伺う、上がる
する なさる、あそばす いたす、いたします
知る ご存じです 存じる、存じ上げる
見る ご覧になる 拝見する
聞く お耳に入る 伺う、承る、拝聴する
与える たまわる、くださる 差し上げる、進呈する
食べる 上がる、召し上がる いただく、ちょうだいする
わかる 承知する、かしこまる

 

 

 

⇒ マナーの記事一覧に戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です