西洋の料理の基本、ナプキンの上手な使い方

フランス料理やイギリス料理では
ナプキンを使用しますが
あまり日本人には縁のないので
使い方がわからないものだと思います。

そのためか、ナプキンを使うタイミングや
使い方がわからずに間違った
使い方をする人が少なからずいます。

 

ナプキンの基本的な使い方

ナプキンとナフキンは別物です。

当たり前のことを何を
なにを今更と思うかもしれませんが
残念なことにフォークやナイフを
ナプキンで拭いている人がたまいます。

こういった行為は
お店にも一緒に来ている
お連れの人にも不快感を
与えてしまうかもしれないので
してはいけません。

ナプキンの使い方がなんとなくでしか
わかっていない人が意外と多くいます。

そのためナプキンの使い方を
知らないことから間違った使い方を
してしまうかもしれません。

間違った使い方をしないためにも
基本的なナプキンの使い方を
おさらいしておきましょう。

 

ナプキンの使い方

ナプキンは最初は
位置皿の上に置かれてあります。

このナプキンを
いつ広げてよいのかという
タイミングがわからない人がいます。

広げるタイミングは
着席してからコースを注文して
飲み物が運ばれてくるタイミングで
よいと思います。

目上の人がいるようなら
目上の人が準備をして
からのほうが良いかもしれません。

貴方が招かれている立場ならば、
ホストがナプキンを広げるのを
待ってからにしましょう。

ナプキンは手に取ったら
広げて表面を外側にして
2つ折りにして膝の上に置きます。

輪になっているほうを自分側に
向けるのがオーソドックスですが
逆側でも構いません。

子供でもない限りは間違っても
襟元にかけたりするようなことは
してはいけません。

また、着物の場合は
膝の上だけでは不安な場合が
折らずに広げて帯の下あたりに
挟んでも構いません。

ナプキンの使い方として
指を拭いたり口元を拭いたりと
本来の役目は汚れを拭きとったり
することに使用します。

白いナプキンを汚したくないからと
自分が持っているハンカチを
使用することはマナー違反になります。

指を拭くときは
ナプキンの端を少しめくって
指を拭くとよいでしょう。

 

口元を隠すために使うナプキン

口元でナプキンを使うことが
いろいろな機会があります。

例えば、食前酒を飲む前に
口紅を軽く当てておくとと
グラスなどに口紅が付くような
ことが防げます。

口元を拭くのためのものですが
口の中に魚の骨などを
取るときには口元をかくすことにも使えます。

ナプキンを使用するときは
他の人に汚れが見えないように
ナプキンの折ってある側を使用します。

 

食事中に席を立つときは

食事中に席を離れるときや
食事が終わって退出するときの
決まりがあります。

食事中に席を離れるときは
ナプキンを軽くたたみ
椅子の上か背にかけます。

退出するときはテーブルの上に
軽く畳んでおきましょう。

置き場所は
器がすべて下げられているなら
正面にナプキンを置いても構いません。

カップがテーブルにあるときは
左側に置いておきましょう。

ナプキンをきれいに畳むと
おいしくなかったという
思われる場合があるので
見苦しくない程度にナプキンは
畳んで置いておきましょう。

よくある間違えに
食事中に席を立つときに
ナプキンをテーブルの上に
置いてしまうと退席すると
いう意思表示になるので
注意しましょう。

 

ナプキンを落としたら

ナプキンを落とした時は
スプーンやフォークと同じように
自分では拾いません。

落としてしまったら
軽く手をあげて
ウエイターを呼びましょう。
一般のご家庭で西洋料理を招待されたときは

これが一般家庭ならナプキンは
料理が来てから広げたほうがよいでしょう。

料理が来る前に広げると
料理を催促しているように
思われてしまうかもしれません。

 

おわりに

日本人にはナプキンを使うという文化は
ありませんが、日本の文化に合わせると
近いもので懐紙になるかもしれません。

しかし、近いというだけで
同じというわけではけではありませんが
そこまで難しいマナーではありません。

家庭でも1、2度練習すれば
簡単に覚えられるのでぜひ練習をしてみてください

 

⇒ マナーの記事一覧に戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です