食事をおいしく食べるためには必要なこと
それは「楽しくたべること」がとても大切になるのです。

どんなにおいしいものを食べても食事の場の雰囲気が悪いと
おいしいものを食べてもその時の食事の記憶は
おいしかった、高級なものを食べたなどの記憶は残りません。

あるのは、気まずい雰囲気を作った人とは
もう一緒に食事をしたくないという気持ちだけです。

一緒に食事をした人にそんな気まずい気持ちを
残さないようにしなければなりません。

そのために、楽しく食事をすることが大切なのです。

これは、おいしく食事をするためには絶対に大切なことなのです。

 

 

食事を楽しむために知っておきたい4つの心得

人と食事をするなら守るべき大切な心得が4つあります。

  • 第1の心得:食事をする人や作ってくれた人への態度が大切です。
  • 第2の心得:食事を食べる時の姿勢を意識しよう。
  • 第3の心得:食事を食べる時のマナーを忘れない。
  • 第4の心得:食事中は会話はTPOをわすれてはいけない。

この4つの心得を詳しくみていきましょう。

 

第一の心得

第一の心得は一緒に食事をする人や
料理を作ってくれた人への貴方の態度や表情が大切です。

わかりやすいもので、料理を食べたときに、
おいしいと思ったらそれを素直に表情に出しましょう。

作ってくれた人の食べた料理がおいしいと伝えることは
料理を作ってくれた人への感謝を表現することとして大切なことです。

もちろん、
おいしくないのに無理に相手を褒める必要はありません。

貴方の苦手なもの嫌いな食べ物があるでしょう。

そういった料理を食べたときは、
まずは作ってくれた人が不快な気持ちにさせないことが大切です。

「まずい」といったことは相手に伝えてはいけません。

「まずい」という気持ちを表情も出来る限りださないように
大切なことは作った人への感謝の気持ちと
不快な思いをさせないことです。

感想を聞かれたら「独創的な味」といったり
体調があまりよくないので
あまり食べられないといったことを伝えるといった方法があります。

料理の作り方などを聞いてみるのもよいでしょう。

 

第二の心得

第二の心得はそれは食事をするときの姿勢です。

食事の姿勢はとても大切です。
家族で食事をするときも
できならしっかりと背筋を伸ばして食事をしましょう。

家族で食事をしているときはほどほどでいいですが、
外食などをしているときは
貴方の家族以外にも周りにおり、
同じように食事をしていることを忘れてはいけません。

周りの人たちが不愉快にしない
食事のマナーを忘れてはいけません。

食事をしているときに肘をつく、
椅子の上に足をあげて座る、
こういった行為をしないようにしましょう。

 

第三の心得

第三の心得は箸やお茶碗といった
料理を食べる時の道具を正しく使いましょう。

和食なら、箸の使い方がが大切です。

箸のきちんと持つことがで出来ない人が意外と多く
少し変わった方をしている人がいます。

一緒に食事をしていると
あまりに変わった箸の使い方に
どうしてあのような持ち方で箸がもてるのだろうと
見ていて不思議に思うような持ち方をする人がいます。

箸の持ち方は後から十分に矯正が可能なので
自分の持ち方がおかしいと思ったらぜひ矯正してみてください。

大人になってからも箸の持ち方は直すことができます。

箸の持ち方とともに大切なことは、
”迷うばし”、”刺しばし”のような箸の使い方を
しないように心がける必要があるのです。

もちろん、茶碗にも扱い方があります。

できるだけ守ることが
相手を不快な気持ちに
させない大切なマナーになります。

和食だけではなく洋食でも、
フォークやナイフの持ち方に、
音をたてずにスープ飲むマナー、
お肉を食べる時のマナーがあるので、
注意を払わなければなりません。

 

第四の心得

第四の心得は食事をしているときの会話です。

今の時代に、食事をしているときは音をたてずに静かに
静寂の中で料理を食べるということはあまりないと思います。

もちろん、そういった静寂が
必要な食事をすることもあるかもしれませんが、今は、テレビを見ながらや
家族と話をしながら食事をしている人も多くいるのではないでしょうか。

食事の際は、家族が集まりみんなで食事をしているのなら
是非ともその日の出来事などを家族と話しながら食事をすることで
食事を楽しくいただけるのではないでしょうか。

その際に注意しなければならないのは食事をするときの話題が重要です。

下品な話題はもちろんのこと
他の人を非難するような話題で避けたほうがいいでしょう。

もちろん、食べている食事の非難もするべきではありません。

そういった話題は、一緒に食べている人たちの雰囲気が悪くなってしまうだけです。

 

どうですか?
あなたが人と食事をするときを思い出してみてください。

知識としては当たり前だとおもっているけれど
振り返ってみると守れていないこともあるのではないでしょうか。

難しいことはありません。
あなたが見て不快に感じる食事の方法を
あなたがしなければよいだけなのですから。

 

記事一覧に戻る