ビジネスマナーの基本 挨拶が出来れば印象がかわる

出来ている人にはなにを
当たり前なことをと思うかもしれません。

しかし、人と会ったときに
挨拶が出来ない人がいます。
「おはようございます」
「こんにちは」
「おつかれまです」

もちろん、返事をするときの
「はい」とといった受け答えなどの
言葉も含まれています。

とても残念なことですが
当たり前のことが出来ない人が
多くなっているように思えます。

こういった人は
「ありがとう」
「すいません」
といった言葉も言えません。

 

挨拶はコミュニケーションの基本

挨拶は人と人とが関係を築くための
最も大切なことであり基本となります。

ちゃんとした挨拶が出来る人とは
関係を持ちたいと思いますが
挨拶をしない、挨拶をしても返事が
返ってこないそんな人と関係は
築けませんし尊敬や信頼もできません。

信頼できないということは
その人と一緒に仕事がしたい
この人に仕事を任せたいと
人から思ってもらえません。

さて、貴方は挨拶はできていますか?

 

あなたは正しい挨拶ができていますか?

会社を退社するまでに
上司から後輩までさまざまな人に会います。

「おはようございます」
「おつかれまです」
と、その人たちに挨拶はできていますか。

 

挨拶は人間関係を築くための第一歩

人に会って挨拶がなかったり
挨拶の返事がないと無視をされたと
相手は気を悪くします。

もし上司に挨拶を返さないと
その日の貴方の扱いが
悪くなるかもしれません。

挨拶ぐらいでなにをと
思うかもしれませんが、
人は感情で動くものです。

どんなに親密な人でも
挨拶がなかったというささいなことで
30分間、挨拶のなかった人に対して
説教をする人もいます。(私の体験です)

なので”たかが挨拶”と思わずに
どんな相手にも出来るだけ
明るく声をかけましょう。

それして笑顔を忘れてはいけません。

 

挨拶のポイント

相手の目を見て、元気よく言いましょう。

挨拶は出来るだけ相手の目を見て行うことで相手に自分の気持ちが伝わります。
相手に聞こえるようにはっきりとした声で挨拶をしましょう。ボソボソと注意しなければ聞こえないような声で言っても言っていないのと同じことです。

自分から声をかけるという気持ちを持つ

率先して、挨拶をしていくという気持ちを持っていれば自然と挨拶をするようになります。挨拶をすれば相手も自然と挨拶を返してくるようになります。

挨拶は立ち止まってする

挨拶は立ち止まって挨拶をすることが基本となります。上司や来客に対しては壁側に寄って挨拶をする。階段なら相手より上にいる場合はそのまま挨拶をすると失礼になりますので相手が上がってくるのを待ち、すれ違うときに挨拶をしましょう。

 

 

お礼と、謝罪の言葉を忘れてはいけない

お礼の言葉は感謝の気持ち

だれからに何かをしてもらったとき
「ありがとうございます」
という言葉を言えていますか。

誰かが貴方のためにしてくれる
ということは相手は貴方のために
大切な時間を割いてくれるいるのです。

それにたいして、
些細なことでもあっても
お礼の言葉を忘れてはいけません。

同僚や後輩が手伝ってくれたことに
対して気安い関係だからとお礼を
言わない人がいますが、お礼の言葉は
受けた恩に対しての感謝を示すものです。

たとえ家族であっても
お礼の言葉を忘れてはいけません。

 

言い訳より謝罪を

分かっていても簡単に
認められないために出てこないのが
謝罪の言葉です。

「申し訳ございません」
「すいません」

人は自分の間違えを簡単に認めることが出来ません。

自分の仕事のミスをどうにか言い訳をして認めようとはしません。

その気持ちはわかります。
しかし、相手が求めているのは
謝罪の言葉なのです。

なので自分の言い分を主張する前に
素直に謝罪をすることが大切なことです。

もちろん謝罪をする前に
相手の話をしっかり確認することを
忘れてはいけません。

返事の「はい」はどんな「はい」ですか?
貴方が上司に呼ばれたとき
第一声で「はい」と返事は
できていますか。

この返事は貴方の呼ぶ声の返事なのです。
返事の「はい」なので
「は~い~」
「はいはい」
といった返事は相手をバカにしている
のと変わりませんのでとても失礼に当たります。

返事をするときは
「はい、そうです」
「はい、すぐに参ります」
と相手への敬意を払っているという
意識で短く「はい」とこたえましょう。

 

挨拶の基本の言葉

挨拶の場所 挨拶の言葉
人の会ったとき【朝】 おはようございます
人の会ったとき【昼】 こんにちは
人の会ったとき【夜】 こんばんは
退社のとき お疲れ様です
退社時に他に人が残っている お先しつれいします
頼みごとや初対面のとき よろしくお願いいたします
自分を名乗る 私、○×と申します
お礼を言うとき どうもありがとうございます
頼みごとをされた 承知いたしました
返事をする かしこまりました
部屋のは入る・出る 失礼いたします
何かをしてもらった 恐れ入ります
相手よりさきに飲食をする お先にいただきます
ごちそうになる ご馳走様です

 

 

⇒ マナーの記事一覧に戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です