知っていますか?外食するうえで大切なマナーの基本

外で食事をする場合は貴方以外に食事をしている人にも気を配ることが大切なマナーになります。

外食は同じ和食のお店でも洋食のお店でもそのお店それぞれの対応あります。

そのため、その場に合わせて臨機応変な対応をすることが必要になることもあります。

しかし、基本的なことは変わりませんのでそんなに難しく考える必要はありません。

 

外食するときのマナー

外食をするときのマナーは一人なら周りの人への他の人と一緒なら一緒に来た人と周りの人への気配りが大切になってきます。

なので、基本的な外食のマナーを覚えておくだけでも食事を美味しく楽しめるようになります。

 

お店には入ったら

お店に入店したら入口で店員の人が案内してくれるのを待ちましょう。

案内されてる時に座りたい席があればその場で希望を伝えます。

例えば、禁煙席がよい窓際は寒いからヒーターの近くがよいなどの希望の条件を伝えましょう。

お店によっては店員の人が案内をしておらずお好きなお席に座ってくださいというお店もあります。

案内のあるお店では勝手に席に座るのはよくありません。

予約のできるお店などは席をキープされている場合があります。
お昼などの忙しい時間などは回転率を上げるために人数に合わせた席に案内されます。

 

食事のメニュー選び

席についてからメニューをいただいてから料理を選びます。

他の人と食事に来ているときはできるだけ速やかに料理を選びましょう。

なかなか自分の料理の決まらない場合は年上の人やその集まりの主賓の人に先に料理を決めてもらい。

その料理に合わせることが無難な方法になります。

 

タバコを吸うときの気配りは大切

料理を待っている間の時間潰しや調理を食べている途中に気分転換にタバコを吸う人がいます。

もし、お連れの人のなかにタバコを吸わない人が一人でもいるなら食事が終わるまでは喫煙席でもタバコは我慢しましょう。

喫煙席なのだからタバコを吸わない人に許可を取れば吸ってもいいだろうと考える人もいるかもしれません。

しかし、
「タバコを吸ってもよいですか」
と尋ねられて
こういった場で
「タバコを吸わないでください」
というのは言いずらいものです。

 

外食で大切なこと

人と外食をしてる時の基本的なこととして一緒に食事をしている人や周りで食事をしている人たちに不快な思いするようなことは避けるということが大切になります。

最近、見かけるようになったのが店員に横柄な態度をとる店内中に聞こえる声で騒ぐ
携帯の音楽を大ボリュームで流す

こんな行為は他の人を不快にさせる行為になります。

そんなことはないと思ったなら貴方が食事をしている席の隣でこのような行為をしている人を想像してみてください。

そんな人が近くにいると食事をしていても良い気分にはならないはずです。

 

まとめ

お店に入ったら店員の案内をしてくれるの席に着こう。
タバコは吸わない人がいるなら食事が終わるまで我慢しましょう。
マナーとは周りの人が不愉快な気分にならないようにすることです。

 

 

おわりに

マナーの大切なことは周りの人への気遣いだと思います。

しかし、この周りの人への気遣いは
意外と難しいものです。

自分が周りに人へ迷惑をかけていることに気付かなくても
他の人が同じようなことをしているのを目にすると
不愉快な気持ちになります。

なので、自分が不愉快に感じた行動を覚えておいてください。

自分が不愉快になった行動を覚えていれば
周りの人を不愉快にするとってしまったときに
思い出して少しずつそんな行動を取らなくなってきます。

 

⇒ マナーの記事一覧に戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です