生活のマナー 洗濯物を干すときの周りへの気遣いとは

洗濯物を干し方にまでマナーが必要なの?

あなたはこう思うのではないでしょうか。

その気持ちはわかります。

私も同じような気持ちを抱きましたからw

マナーという言葉があわないのなら
洗濯物を干すときの周りへの
ちょっとした気遣いと
思っていただけると分かりやすいのかもしれません。

 

洗濯物を干すときは

洗濯物を干すときに大切なことは
洗濯物をどのように干すのかということです。
  • 下着は人目に触れないように中側に干す。
  • マンションなら干す際はしっかりと水気を絞りましょう。

 

 

人目を気にして洗濯物を干す

一軒家なら、歩いている人や隣近所の人の目、
マンションに住んでいるのなら
ベランダを利用するので階下や隣の人たちに
対しての気づかいが必要になってきます。

田舎なら大きな庭があり道から離れた場所に
洗濯物を干すことができるのなら
気にしなくてもよいですが、
少し都会に行くとそのようなスペースはあまりない場合もあります。

そのため高い塀でもない限り
人目を完全に避けることができません。

そのため、人目に触れることを考えて洗濯物を干す必要があります。

下着のような人目に触れたくないものを
内側に干し、外側はTシャツなどで干します。

こうすることで、下着など人目に触れたくないものがTシャツに隠れて人目に触れづらくなります。

また、ブリッジの形に洗濯物を干していくと
風通しが良くなり、洗濯物の乾きがよくなります。

 

マンションなら干す際はしっかりと水気を絞る

マンションなどで洗濯物を干すときは
ベランダや窓の外側に干すスペースがあります。

洗濯物に水気が残っていると
その水気が階下のベランダに
落ちるて迷惑をかける可能性があります。

水気が残っていると洗濯物に
含まれる水の重さで洗濯バサミから外れて
洗濯物を下の階に落としてしまうことあるかもしれません。

 

今回の洗濯物を干すときのマナー

  • 下着は人目に触れないように中側に干す。
  • マンションなら干す際はしっかりと水気をよく絞る。

 

難しいことはありません。

洗濯物を干し方は慣れるまでは適当に
洗濯物を干してしまいがちなります。

慣れるまで干す場所を意識しておくと
それが習慣になり自然と干せるようになります。

 

おまけ

洗濯物を干してついでに布団も
干すようなときは布団の綿ぼこりが
洗濯物に行かないように気をつけましょう。

 

⇒生活で役立つ一般的な常識とマナー
⇒ マナーの記事一覧に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です